ワンコとハリネズミのいる 暮らし

保護犬トイプードルの里親になりました。ハリネズミのお話も。

犬連れ 熱海へ電車で一泊旅行「お宮の松」へ

静岡県は犬連れに優しい、そんな印象があります。

トイプードルのプーちゃんを連れて、熱海へ一泊旅行です。 f:id:aikowakakusa16:20190404185332j:plain

さあ、どうなることやら。

行ってみよー!

当日は午前10時前に家を出ました。

駅までお散歩がてら、オシッコとウンチも無事に済ませることができました。

 

安くて、速いルートで行きました。ワンコはリュックの中で疲れちゃうからね。

東京方面からなら、JR東海道線はアクティーを使うと時短できることが多いようです。グリーン車でなければ、通常のJR料金で乗ることができます。片道大人2000円かからずに行くことができます。

お昼過ぎに熱海に着きました。

 

熱海駅到着

観光案内所で、行きたい場所について教えてもらい、割引券があれば忘れずに必ずもらいます。観光地の割引券は、こちらから聞かないと、意外と教えてくれません。

 

コインロッカーの場所を聞き、着替えなどはロッカーに入れて行きます。犬連れには、余計な荷物は少ない方がよいです。

 

駅前のファミリーマートで、おにぎりと飲み物を買いました。駅ビルの中には、Newdaysやお弁当屋さんもありました。

 

お宮の松」へ

尾崎紅葉(1867~1903)の恋愛新聞小説「金色夜叉」の一場面の松の木と銅像があります。どういう場面かというと、

 

間貫一のいいなずけだったお宮がお金に目がくらんで、他の男の人と結婚してしまいます。熱海の河岸で再会し、怒った貫一は

「宮さん、アイや、お宮。ダイヤモンドに目がくらみ、よくも、よくも僕を裏切ってくれたな。」

「貫一さん。」

よよよと泣き崩れて貫一の足元にすがりつくお宮。

「離せ。この売女(ばいた)め!お前とは今宵かぎりだ。」とお宮を足蹴にします。

「貫一さん、別れろ切れろは女のときに言う言葉。今の私にはいっそ死ねと言ってください。」

 という有名な場面です。

あまりにも有名すぎて、よく考えたことがなかったけれど、いかなる理由があるにせよ、男が女を足蹴にするなんて、今ならDV(ドメスティックバイオレンス)ですね。

 

この小説の場面となった場所に一本の大きな松の木があります。(1枚目の写真の左に見える松)現在の松は二代目で、一代目は「羽衣の松」と言われていたそうです。

 

お宮の松の場所は、熱海駅から海岸へ向かって徒歩約15分の所にあります。海をバックに国道沿いにあります。「お宮の松」というバス停もあります。熱海駅からバスで行くこともできます。車は停められません。

f:id:aikowakakusa16:20190404185427j:plain

 プーちゃんには、お宮の松のことはわからないけど、記念にパチリ。 f:id:aikowakakusa16:20190404171552j:plain

「よよよ。(笑)」

近くに寄ると、歌が流れます。

 

行く途中、道に迷って散歩中のおじいさんに連れてきてもらいました。こんなことも旅の醍醐味ですね。

 

明日は、このあとに乗ったロープウェイと熱海城のお話です。お楽しみに! 

www.dogsimplelife.com

www.dogsimplelife.com

www.dogsimplelife.com

www.dogsimplelife.com

 

 かわいいペットのお話がたくさん♪ブログ村


ハリネズミはいかが?


犬・ペット・家族


* 小動物 *