わんことはりねずみのいる 暮らし

2プードルとハリネズミ

新しい家族が増えました!希望していたのと真逆の子!?

新しい家族が増えました!タイニープードルの子犬です。

f:id:aikowakakusa16:20210103173351j:image

我が家は、人間4人とトイプードルのクーちゃん、ハリネズミのムーちゃんの6人家族でした。

どうしてももう1匹犬が飼いたい!

 

そうしてやって来たのは、思っていたのと真逆の子・・・でした💦

先住犬のトイプードルのクーちゃんは、保護犬でした。

 

ブリーダーさんのところにいた繁殖リタイア犬の女の子でした。

 

保護犬についてのお話はコチラ⇊

保護犬トイプードルの里親になりました。ペットショップで犬を買うその前に考えて欲しいこととは?

 

2回お産をして引退し、保護団体から我が家に来たときは4才でした。

クーちゃんは、とてもおとなしくてよい子です。

1年に1度ぐらしか吠えません。

f:id:aikowakakusa16:20210103174245j:image

「クーちゃんひとりでお留守番はかわいそう。」そう思ったのが始まりでした。

それからどんどん「もう1匹飼いたい」熱が増して、寝ても覚めても次の犬のことを考えるようになりました。

 

「次も保護犬にしよう!」そう考えて、保護犬のサイトもずいぶん見ました。でも、どうしても踏み切れなかった。それは、クーちゃんをお迎えした時の「大変だった。」という思いを払拭することができなかったから・・・。保護犬をお迎えすることは、素晴らしいことだと思いますが、いろいろな場合を考えて相当の覚悟を持つことは必須です。中途半端な気持ちでお迎えするのは、危険です。

 

クーちゃんをお迎えした頃の辛かったお話はコチラ⇊

保護犬トイプードル、我が家に来て3か月がたちました。涙の日々・・・。

 

繁殖リタイア犬を受け入れたことを非難されたことも、心にひっかかっていました。

 

非難されたお話はコチラ⇊

 とあるペットショップ店員に言われたこと。保護犬を受け入れる人がいるから・・・。

 

オランダでは、犬を飼うときの選択肢として、保護犬を受け入れる他に、「ブリーダーさんにお願いする」のだということを知りました。

ブリーダーさんは、希望があってから交配させ、犬は妊娠するのです。お腹に授かった赤ちゃんたちは、子宮の中で生命が誕生した時にもうすでにおうちが決まっているのです。

そして犬を希望した人は、何年でもその時を待つそうです。

 

そうか、これが本来あるべき犬の種を絶やさずに引き継ぎ、お迎えする姿なのか。

 

日本でもこのシステムが一般的になれば、ペットショップの店員さんのお給料が歩合制で、セールスでペットを売ろうとするような形態がなくなるのではないでしょうか。

 

犬を愛してちゃんとお世話もしているブリーダーさんが、たくさんいらっしゃいます。

 

一方、資金稼ぎのためにただ犬を営利の目的として商品としかみていないブリーダーがいるのも事実です。そのような悪徳ブリーダーは、ずいぶん減ったとも聞きますが。

 

うちのクーちゃんは、後者のブリーダーのところにいた子でした。今は体重4.3キロですが、うちに来たときは2.4キロしかなくガリガリにやせ細っていました。

せまいケージに閉じ込められていたのか、背骨も湾曲していました。

外にでたことがなかったのか、お散歩も一歩もあるくことができませんでした。

耳は一度も掃除してもらったことがなかったのか、毎日耳掃除をしてもどんどん黒い耳垢が出てきました。

歯も磨いてもらった形跡はなく、歯槽膿漏になっていました。

アレルギーがあったのに、放っておかれていたので皮膚の状態もボロボロでとてもかゆがっていました。

 

営利目的で人間に利用され、まるで使い捨ての物ようです。悪徳ブリーダーをなくすためには、そういう環境で生まれた子をペットショップで買ってはいけないと思いました。(子犬に罪はありませんが!)

 

それから、よいブリーダーさんを探しました。

 

 

やっと運命の方を見つけたのです。本当に犬が大好きで、営利目的でなく趣味でブリーダーをされているkirinclub(キリンクラブ)の御手洗佳子さんです。

御手洗さんのHPの記事を記事を読んで、共感したり、感動したり。

 

そして勇気を出して、連絡を取りました。

 

それから、母犬の妊娠が判明し、無事に出産。それを聞いた時には、本当に孫を心待ちにしているおばあさんのような気持ちでした。

 

それから、赤ちゃんはお母さんのおっぱいを十分に飲み、犬たちの中で社会性を身につけました。

 

ついに子犬がやってきた!じゃーん!運命の子は、この子です。

f:id:aikowakakusa16:20210103173449j:image

感動ひとしおです。もう目の中に入れても痛くない(笑)

 

でも・・・一応、希望していた子は、

・クーちゃんと同じアプリコット(うすい茶色)

・クーちゃんと同じ女の子

・クーちゃんがおとなしいので、おっとりした子

でした。

 

実際に我が家に来たのは

・レッド(茶色)の子

・男の子

・めちゃ元気でやんちゃな子

でした!^^

 

正直、最初は戸惑いました。でも御手洗さんが決めてくれたこの子なら!

「この子で大丈夫ですか?」と聞かれ「もちろんです!」と即答です。

 

名前は「モモタ」になりました。

 

さあさあ、これからどんな生活が始まるのか・・・。

優先順位1位はクーちゃん、2位モモタで、仲良くなってくれるよう、頑張りたいと思います。

 

クーちゃん、モモタ、おっと忘れちゃいけないハリネズミのムーちゃんも、どうぞよろしくお願いします♡

 

kirinclubさんのInstagram

@kirinclub_poodle

 

 Instagram

@aikowakakusa123

 

にほんブログ村テーマ ♪


ハリネズミはいかが?


犬・ペット・家族


* 小動物 *